四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の20銘柄(2月21日発表)

投稿者: | 2月 21, 2022

シャープ(6753)

家電メーカーのシャープ(6753)が3営業日ぶりに急反落した。一時は1164円まで下落し、1月27日に付けた昨年来安値1207円を更新した。午後2時12分現在、前営業日比136円(10.4%)安の1178円と東証1部の値下がり率3位で推移している。

NECネッツエスアイ(1973)

一般企業や通信会社向けにシステム構築やクラウドの提供や通信工事を手がけるNECネッツエスアイ(1973)が4営業日ぶりに反発した。午後1時49分現在、前営業日比34円(2.0%)高の1756円で推移している。一時は1764円まで上伸した。

ファンコミュニケーションズ(2461)

アフィリエイト(成果報酬型)型広告大手のファンコミュニケーションズ(2461)が大幅続伸した。午後1時27分現在、前営業日比21円(5.4%)高の412円で推移している。一時は417円まで上伸した。