四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の20銘柄(2月22日発表)

投稿者: | 2月 22, 2022

日本金属(5491)

圧延専業メーカーの日本金属(5491)が逆行高した。大幅反発。午後2時15分現在、前営業日比46円(3.5%)高の1380円で推移している。一時は1388円まで上伸した。16日に発表した非鉄異形圧延の量産化技術確立を引き続き買い材料視している。同技術は電気自動車関連用途などのニーズに応えるとしている。

シーズメン(3083)

アメカジと和柄服飾の2業態をSCで展開しているジャスダックのシーズメン(3083)が4営業日ぶりに急反発した。午後1時48分現在、制限値幅上限の前営業日比150円(20.0%)高の902円ストップ高買い気配で推移している。

コシダカホールディングス(2157)

「カラオケまねきねこ」を直営展開しているコシダカホールディングス(2157)が逆行高した。3営業日ぶりの反発。午後1時14分現在、前営業日比8円(1.3%)高の643円で推移している。一時は666円まで上伸した。