四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の20銘柄(5月20日発表)

投稿者: | 5月 20, 2022

エイチワン(5989)

アンダーボディ骨格品などを手掛けるエイチワン(5989)が大幅反発した。午後1時33分現在、前日比28円(4.9%)高の602円で推移している。一時は603円まで上伸した。

ソフトウェア・サービス(3733)

病院向け情報伝達システムや電子カルテを開発するソフトウェア・サービス(3733)が大幅反発した。午後1時09分現在、前日比260円(5.0%)高の5510円で推移している。一時は5520円まで上伸した。

コネクシオ(9422)

国内2位の携帯販社のコネクシオ(9422)が大幅反落した。午後0時34分現在、前日比59円(4.2%)安の1346円で推移している。一時は1340円まで下落した。一部メディアで「NTTドコモが2025年度までに販売店『ドコモショップ』を約700店舗閉鎖する方針を固めた」と報じ、売り材料視された。